FC2ブログ
映像製作・配給・販売のTMCのイベントなどの最新情報
プロフィール

tmcov

Author:tmcov
TMCの作品、イベントなどの最新情報など。TMC公式ホームページの更新より一足早い作品情報です。

*お詫び*
・ご投稿頂いたご意見・ご感想等は拝見しておりますが当方からのコメントは控えさせて頂いております。
・当方の判断で適切でない表現、内容の書き込みの場合、非掲載・削除させていただくこともあります。
ご了承下さい。


TMC公式ホームページ
Total Media Corporation

会社概要

このウェブサイトに掲載されているコンテンツは、株式会社ティーエムシーおよび第三者が有する著作権により保護されております。
著作権者の許可無く、複製、転載等の行為をお断り致します。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ

11  09  08  04  07  06  04  03  01  12  11  10  09  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11 

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
production note

劇画界に新ジャンルを確立させた倉科遼が、新たに創造した新ヒーローとは?
 本作の原作は、「週刊 漫画サンデー」連載中の人気コミック。
 原作者である倉科遼は、「女帝」で“ネオンもの”という新ジャンルを開拓。天涯孤独のホステスが銀座で成り上がるまでの軌跡を描いた同作品は若いホステスにとってのバイブルとなり、小沢真珠の主演で映画化もされた。
 その後も、ホストやギャバクラ嬢など夜のネオン街に生きる男女の愛憎とサクセスを描いた「嬢王」「夜王」「銭華」などの代表作は相次いでテレビドラマ化され、この7月からはふたたび「女帝」が加藤ローサ主演でテレビ朝日の金曜21時というゴールデンタイムに連続ドラマ化される。
 現在、月に35本の締切を抱える超売れっ子原作者の倉科遼は、「艶恋師」のコンセプトを次のように語っている。

 私の劇画に共通するのは徹底したエンターテインメントということで、『夜王』や『女帝』も、それを意識してきました。
 この『艶恋師』は、さらに娯楽性を追求したものです。主人公は、神楽坂の花街で育った竿師。性に悩む女性たちを救う絶頂請負人という設定で、そんなキャラクターありきで始まった企画でした。
 いま、劇画界も閉塞しているし、あらゆる業界が過渡期です。そこに風穴を開ける痛快無比な男を描きたかった。オヤジ世代の気分を代弁する主人公の神楽坂菊之介は、「女をイカせたい」という男なら誰もが抱く願望を叶えるヒーロー像ですね。
 もともと映像化も意識していただけに、今回のお話は嬉しかったですね。私は自作の映像化に関して、いっさい意見を挟みませんが、この『艶恋師』だけは是非ともシリーズ化して欲しい。私自身、いま最もノッている自信作だし、これこそが求められている物語だと思うんですよ。
 現在、「週刊 漫画サンデー」で連載中の原作は、「放浪編」として日本各地を菊之介が旅しています。この旅路も映像で描けば、さらに面白くなると期待しているところです。性と愛を描くオトナのエンタメとして、ご覧いただければ幸いです。
倉科遼(談)

幻の超秘技“きぬた”とは?
悩める淑女を、竿師・菊之介が絶頂へ導く!!

「艶恋師」の主人公・神楽坂菊之介の職業は、花街のお座敷芸者を相手にする三味線の師匠。しかし、彼にはもうひとつの裏の顔があった。18歳で芸者の姐さんから四十八手のすべてを教えられ、その性の才能を開花させられた菊之介は、女の歓びを味わうことのできない悩める淑女を救う「竿師」でもある…。
 あらゆる性技に精通した菊之介だが、そんな彼の秘技こそが“きぬた”=後向女性仰臥男性座位である。
 四十八手の中で最もアクロバットなこの体位は、男性器が逆向きで膣の奥まで挿入されることで、きわめて女性の満足度は高いといわれている。しかし、その難易度から「幻の体位」とも呼ばれ、熟練者にしか実現は不可能である。
 本作では、劇画として描かれた“きぬた”を完全に実写化、その神々しいまでの姿を菊之介役の中倉健太郎がパワフルに見せてくれる。

出演者の厚みが、作品クオリティを保証!
実力派俳優と話題のキャストが集結!!

着流し姿の粋人・神楽坂菊之介に扮するのは、中倉健太郎。俳優デビュー作となった「今日から俺は!!」シリーズ以来、映画・テレビドラマ・OVなどで幅広い活躍を続けながらも「青春映画スター」としての印象が強かった彼も、今年で35歳。本作では、これまで見ることのできなかった大人の味わいの演技を見せてくれる。もちろん、原作コミックの売り物である全裸ベッドシーンにも果敢に挑んで、中倉流“きぬた”がスクリーンに炸裂する!!
 そんな菊之介と契りを交わす訳ありの居酒屋の女将・雪乃役には、ヘアヌード写真集「CROSS」でも話題の小松千春が演じる。モデルから女優へと進出した往年の美少女が、匂い立つような成熟したエロスを体現する。写真集では見ることのできない、映像ならではのフェロモン・ボディを堪能して欲しい。
 さらには、「あずみ2」「忍 SHINOBI」の永澤俊矢、日本映画界を代表する鶴田浩二の三女として舞台を中心に活躍する鶴田さやか、元ギリギリガールズの荒井美恵子、ハーフのモデル系アイドル女優・小澤マリアなど、さまざまなジャンルを代表するキャストが集まった。
 監督は、プロデューサーとしても辣腕を振るう若手実力派の小美野昌史。

倉科遼 原作 映像化作品
<映画化作品>
「女帝」('00年)   
出演:小沢真珠、高知東生
「艶恋師」('07年)  
出演:中倉健太郎、小松千春

<テレビ化作品>
「夜王」('05年)*スペシャルドラマ   
出演:松岡昌宏、かたせ梨乃 
「嬢王」 ('05年) *連続ドラマ 
出演:北川弘美、金子昇
「銭華 ~銀座ホステス株バトル~」('06年) *スペシャルドラマ 
出演:国仲涼子、小沢真珠 
「夜王 ~yaoh~」('06年)*連続ドラマ  
出演:松岡昌宏、北村一輝
「銭華2 DX豪華版」('07年) *スペシャルドラマ 
出演:山田優、井上和香 
「女帝」('07年) *連続ドラマ 7月13日スタート 
出演:加藤ローサ、松田翔太
この記事のトラックバックURL
http://tmcov.blog73.fc2.com/tb.php/94-d09842cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME //
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。